事業活動

機関誌「民友」の発行

 機関誌「民友」は新春号(1月1日)、春季号(4月1日)、夏季号(7月1日)、秋季号(10月1日)と年4回発行しています。徳富蘇峰先生にちなんで時事評論、歴史論考から短歌、俳句などの文化関係まで幅広く専門家に執筆して頂いております。また、蘇峰会の活動報告も誌面を通じて行っています。
 「民友」はご希望の方どなたにも無料(送料実費)でお送りします。蘇峰会事務局へお申し込み下さい。
拡大画像を見る
拡大画像を見る

徳富蘇峰書翰集編纂のための資料整理

 徳富蘇峰先生の書翰集を編纂するために、蘇峰会が所蔵している手紙や原稿などの資料の整理と新たな資料の収集を行っています。

蘇峰会静岡県書道展

 本書道展は、蘇峰会が徳富蘇峰先生の偉業を顕彰し、あわせて青少年の健全育成を図るとともに静岡県書道界の発展に寄与することを目的に、静岡新聞社・静岡放送、駿府博物館の協力を得て毎年開催しています。公募対象は静岡県内在住の園児・小学生・中学生・高校生・一般です。審査は毎回、静岡県書道連盟に委嘱して厳正に行い、結果は静岡新聞紙上で発表し、入賞作品は駿府博物館(静岡市駿河区登呂3丁目)で公開展示します。
 第41回となる平成29年度書道展は2,701点と多数応募いただきました。審査の結果、大賞55点、優秀賞284点の計339点が入賞しました。また、団体奨励賞に5団体が選ばれました。
 平成30年度(第42回)書道展の開催要項(応募要項)は30年秋に決定の予定です。決まりましたらこのページに掲載します。応募心よりお待ちしております。
駿府博物館での3月展示は前期(園児~小学生)・後期(中学~一般)の2回に分けて行われ、入賞全作品を展示しています。上位入賞の徳富蘇峰賞、静岡県知事賞、静岡市長賞は期間を通しての展示です。

第41回蘇峰会静岡県書道展の応募作品を審査する静岡県書道連盟の役員=平成30年2月、静岡市駿河区登呂の静岡新聞社本館4階会議室
徳富蘇峰賞など入賞作339点を展覧した第41回蘇峰会静岡県書道展=平成30年3月、静岡市駿河区登呂の駿府博物館
表彰式で徳富蘇峰賞を贈られる受賞者=平成30年3月、静岡 新聞放送会館蘇峰ホール
Adobe Reader
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、ソフトウェアをダウンロードしてご覧ください。
Adobe Readerのダウンロード